インターネット プロバイダ キャンペーン

ISPの森−最もお得なキャンペーンは?

インターネットサービスプロバイダの行っているお得なキャンペーンについてご紹介します。

TOP PAGE >

□UQ WiMAXではなく、KDDIの

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。

この3波を使用したキャリアアグリゲーションですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現可能にしている訳なのです。
ただし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXのサービスを導入した事により、私の日常は変わりました。一番変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。



そう言う流れで、スマートフォンサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中で、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。そんな理由で、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然異なります。


例を挙げれば、3回線を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えると言う、非常に受信しやすい通信回線です。


800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が届きやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、さほど厳しいものではありません。

WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。
また、混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約プランが一般的です。



と言うのも、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。


しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くと大した金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、Broad WiMAXってプロバイダがあります。

Broad WiMAXの特色には、月額の料金が安い点が挙げられます。


その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。



UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか必要ないから、部屋がさっぱりします。
光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。
モデムは月々レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。

手段としては、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。



WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。


本来は月額500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。WiMAXの強みは、無線でインターネットアクセスする事が出来ると言う部分が挙げられます。


無線ですし、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。重ねて、WiMAX機器はポケットサイズですので、携帯性に優れています。

諸々の点を考えると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。と言う事なので、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。

□BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサー

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、二種類のキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。


一つ目が契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方が24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントの方が貰える金額が少し多く、早い段階から受け取れるのに加え、受取り損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。

GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用出来ますし、楽天ポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。ですけど、auスマートバリューmineには非対応なので、auにてスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。はたまた、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXサービスの申込みはどこのプロバイダで申し込んだとしても、例外なく2年間契約の自動更新型となってます。
2年間周期でやって来る契約更新月での解約手続きならば、解約手続きを進めても契約解除料を請求される事はありません。

だけど、契約更新月以外の月で解約手続きを行ってしまった場合だと、契約解除料と言う名目で違約金の支払いを請求されてしまいます。この契約解除料の請求される金額は契約期間に応じて変動し、最初の1年目は19000円、2年目は14000円、3年目以降は9500円が解約手続きの際に請求されてしまいます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。


4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
このテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsになる訳です。


他にも、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。



Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。
更に、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。


言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつの通信にも対応してます。


WiMAXサービスの月々の料金ですけど、実際の所、契約先によって料金が違います。
具体例を出すと、Broad WiMAXは初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高額となります。

このように、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額料金362円のオプションサービスもあります。

このオプションサービスは何かと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。



対象となるアクセスポイントは全国10

000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で使用する事が出来ます。Wi2エリアの中では別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。そんな長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。


結構見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。


電話対応が平日のみだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。

WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、少し変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。

なので、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全く異なります。例を挙げると、3波を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダにはランナップされていません。

□WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特色には、月額の料金が安い点があります。

その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。



Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。


その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が著しかったからです。


そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。



そして、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。
WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。

一例を挙げると、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。それから、通信速度の向上が目まぐるしいです。



キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が倍に速くなりました。
WiMAXサービスは電波を使ったインターネットサービスとなっていますので、人により体に対する良くない作用を気にする方もいるでしょう。具体例を挙げれば、様々な電子機器の電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の動きを低下させるのではないかと言った噂も話題となりました。
とは言えども、WiMAXサービスの使用する2.5GHzの電波に関してだと、人体へ影響を与える医学的な根拠が示されていません。その他にも、ペースメーカーに及ぼす悪影響に対しても気になるところではありますが、総務省の研究により影響のない事が確認されていますから、WiMAXサービスは安心して利用する事が可能です。


Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。また、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台に対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。

UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。


私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。



KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
それに加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。

持ち運んで使用する事が出来ますので、とても便利なインターネットサービスとなっています。ただ、モバイルですから、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。とは言え、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、安定性は割りと良くなっています。って事で、モバイルの安定性は、決して使えないと言う事は無いです。ちょっと前から、WiMAXのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。
例えば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。



または、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用しています。どちらの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。近年普及率の高まるWiMAXではありますが、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。他のモバイルインターネットサービスと比べ、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。とは言っても、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、その点には注意しましょう。だけども、速度制限がかかった場合においても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。





Copyright (C) 2014 ISPの森−最もお得なキャンペーンは? All Rights Reserved.
top